離婚協議書を作って、公正証書にする重要性を教えます。

こんにちは。めばえ行政書士事務所の玉田です。
今回は、離婚協議書を作って、公正証書にする重要性をお伝えします。

ズバリ!!

離婚協議書を作ることは、作る過程で自分の気持ちの整理ができ、今後の新たなスタートのきっかけとすることができます。

離婚協議書を公正証書にすることは、夫婦で決めた離婚後の約束事(主に金銭面)が確実性の高いものになります。

でも、いざ、離婚協議書を作ろうと思ったら、こんなお悩みや思いはありませんか?


そもそも離婚協議書の書き方がわからない・・・
好きに書いていいの?

離婚すると決意し、離婚協議書を作ってみようと思ったときに、何をどう書けばいいのか迷いますよね?
ズバリ!夫婦で決めたことならなんでもいいです。まずは、自分たちの考えをしっかりと話し合って、まとめてみてください。

そうすることで今後の課題が見えてきます。さらに、気持ちの整理もできるようになってきます。
まだ公正証書にする前ですから、とにかく、しっかりと話し合ってみましょう。

ネット検索した「サンプル」や「テンプレート」を利用したらダメなの?

ダメなことはありません。いくらでも見てください。ただし、あくまでも参考にするだけです。全く同じ内容にすることはおススメしません。なぜなら、

「サンプル」や「ひな型」には、自分自身の気持ちが反映されていないからです!

例えば、夫の不貞行為で離婚を決意した場合に、それまでの「腹ただしい思い」「辛い」「悲しい」「情けない」「悔しい」などの自分の気持ちがそのひな型にはきちんと表現されていますか?
何よりも今後の人生に納得のいく内容になっていますか?

結婚生活や期間、経済状態などは、各夫婦でちがいます。離婚に至る原因も人それぞれです。
当然、サンプルと全く同じようにはならないはずです。無理やり当てはめてもどこかしっくりこない・・・と感じると思います。

サンプルでは自分自身の気持ちが反映できません。

でも、せっかくサンプルを参考に何とか作ってみたのに・・・と思うかもしれません。
たとえサンプルに沿って作ったとしても、ご自身で考えて離婚協議書を作ったなら、それは決して無駄にはなりません。

それは、作ることによって、自分がどうしたいかが見えてくるからです。
本当はどうしたいかが見えてきたら、今度はその想いをきちんと反映させましょう。

離婚協議書は公正証書にしなくちゃダメなの?

頑張って作った離婚協議書は公正証書にしましょう!

夫婦で話し合ってなんとか離婚協議書を作りました。
「じゃあ、これで完成?」「何の問題もないかな~?」「大丈夫だよね・・・」

いえいえ、大丈夫ではありません。今のままでは単なる夫婦間だけの約束事です。

公正証書にしなければ、せっかく決めた約束事も「そんなことは言ってない」「勝手に書かれた」「今はそんな気持ちはない」などということになり、作っても約束を反故にされる可能性があります。

離婚協議書を公正証書にすることは、離婚後の約束事を確実性の高いものにします。

公正証書にすれば、公に対しての証明となるからです。

例えば、強制執行認諾条項を入れた離婚協議書を公正証書にしておけば、金銭の支払いが滞った際に、相手方の給与を差し押さえるなどして、金銭の支払いを実現することができます。

すぐに差し押さえるための証明として、公正証書にした離婚協議書が役に立つのです。

どこの公証役場に行ってもいいの?

自分たちが希望するなら、どこの公証役場に行っても作ることができます。ただし、自分たちで作った離婚協議書を公正証書にする場合は、その内容がきちんと法的に効果があるものでなくてはなりません。
ここが、離婚協議書を公正証書にする一番のネックといえるのではないでしょうか。
サンプルなどで自分で作ってみても「この内容で本当に大丈夫?」と不安に感じると思います。


また、どこの公証役場でも作ることができるといっても、実際は、各公証役場(各公証人)によって、その内容の表記が変わったりもします。実は、この公証役場(公証人)選びは、自分の想いが反映された離婚協議書を公正証書にする際には、大変重要なことなんです。

最後に:めばえ行政書士事務所ができること

めばえ行政書士事務所は、ご相談者の想いが反映された、その方だけの離婚協議書を作成するお手伝いをいたします。原案作成の段階から、ご相談者の想いをしっかりと反映させるために何度もお気持ちを確認します。
そして、納得のいく離婚協議書の原案が完成したら公正証書にしましょう!

ご相談者の方の想いが反映された公正証書が完成するように、めばえ行政書士事務所では、完成まで何度も公証役場とやりとりをします。ご相談者にもその都度、内容の確認をいたします。

一緒にご自身の想いが反映された離婚協議書を作りましょう!

オンライン相談の予約について

めばえ行政書士事務所はオンライン相談をはじめ、電話、メールで相談ができます。
まずはオンライン相談をご利用ください。

オンライン相談は事前予約により、土日祝日・夜間でも全国対応可能です。
オンライン相談のご予約は、電話(受付時間:平日9:30~17:00)または、お問い合わせページからご連絡ください。

広島で離婚協議書を作りたい方、大阪、兵庫、奈良で離婚協議書を作りたい方、また、全国各地で離婚協議書を作りたい方は、めばえ行政書士事務所にお気軽にお問い合わせください。

投稿者プロフィール

めばえ⾏政書⼠事務所代表 ⽟⽥静⾹
めばえ⾏政書⼠事務所代表 ⽟⽥静⾹
▼ 主な取扱業務
[事業者の方]保育所運営、社会福祉法人関連、各種補助金申請のサポートなど
[個人の方]離婚関連、遺言相続サポートなどの身近な暮らしのご相談