相続は誰にでも関係してきます。

「相続」を「争族」にしないために、できることがあります。
それは、自分が生きている間に「遺言書」を作成しておくことです。

めばえ行政書士事務所では、安心・確実な方法として「公正証書遺言」をおすすめします。

遺言相続

遺言書の種類

公正証書遺言自筆証書遺言
作り方公証役場で作成自分自身で書いて作成
証人立ち合いが必要不要
費用必要不要
紛失や改ざんの恐れ原本が公証役場に保管されるため安全手元に保管するので心配
検認不要家庭裁判所で検認の手続きが必要
(遺言書保管制度を利用しない場合)

めばえ行政書士事務所では、安心・確実な方法として「公正証書遺言」をおすすめします。

公正証書遺言

公正証書遺言

公正証書遺言は、公証役場で作成する遺言書です。

主なポイント

  • 証人2人以上の立ち合いが必要です。
  • 原本が公証役場に保管されるため、紛失や改ざんなどの心配がありません。
  • 家庭裁判所での検認の手続きが不要です。

→そのため、相続開始後、遺言の内容をすぐに実行することできます。

公正証書遺言は特に次のケースのような方におすすめです!

  1. 子どもがいない夫婦の場合
  2. 再婚しており、今の妻との間にも子どもがいるが、先妻(前の妻)との間にも子どもがいる場合
  3. 内縁の妻がいる場合
  4. お世話になった息子の妻に財産をあげたい場合
  5. 相続人がだれもいない場合

例えば、ケース①の場合に、夫婦のそれぞれに兄弟姉妹がいるとします。また、この兄弟姉妹とは、仲が悪いと仮定します。この場合に、夫が亡くなり遺言が何もなければ、たとえ夫が生前に全ての財産を妻に相続させたいと思っていても、遺言がないので、仲の悪い兄弟姉妹が夫の財産の4分の1を相続することになります。

夫が長年連れ添った妻に自分の財産を全て相続させたいと思うのなら、「妻に自分の全財産を相続させる」という遺言書を作成しておけば、夫の思いどおりに妻が全財産を相続することができたのです。また、兄弟姉妹には「遺留分侵害額請求権」がありません。そのため、遺言があるかないかでは、上記のような大きな差がでてきます。

遺言・財産相続のイメージ
めばえ行政書士事務所

その他のケースも同様に「この人に財産を相続してほしい」「少しでもこの人に財産を渡したい」と考えるのなら、遺言書を作成することは大きな意味を持つのです。

自筆証書遺言

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、自分自身で書いて作る遺言です。

主なポイント

  • 証人は必要ありません。
  • 全文、日付、そして氏名を自分で書き、押印します。
  • 遺言書保管制度を利用しない場合、遺言書を破棄されたり、隠されたり、変造されたりするおそれがあります。
  • 家庭裁判所で検認の手続きが必要です。

→そのため、相続開始後、遺言の内容をすぐに実行することができません。

めばえ行政書士事務所

自筆証書遺言は、自分で書いて作成する遺言書なので作成料が不要です。
ただし、何らかの不備があり、きちんと変更していなければ、遺言書が無効になる可能性があります。
そうならないために、正しい方法で変更するか、改めて書き直すことが必要です。

料金表

業務内容基本料金(税別)
自筆証書遺言の作成サポート50,000円~
公正証書遺言の作成サポート
*公証役場との調整含む一式(回数無制限)
100,000円~
立会人(証人派遣)15,000円/人
相続人調査(相続関係説明図作成)50,000円~
相続財産調査(財産目録作成)100,000円~
遺言執行者300,000円~

遺言書はそのタイプによって、メリット、デメリットがありますが、メリットやデメリットの捉え方は人それぞれです。
残された家族が「笑顔」で過ごすため、そして、自分の最後の遺志を伝えるために「遺言書」を作成しましょう!

遺言相続のことなら、
めばえ行政書士事務所に
お任せください!

めばえ行政書士事務所は、ご相談者の想いが反映された、安心、確実な方法として「公正証書遺言」を作成するお手伝いをいたします。全国対応可能です。

めばえ行政書士事務所の知識・ノウハウを是非ご活用ください!

めばえ行政書士法人シンボルマーク

ご相談の流れ

ご来所・訪問の場合オンライン相談
  • お問い合わせお問い合わせ
  • ご相談ご相談
  • お見積もりお見積り
  • 契約契約
  • 着手金のお支払い着手金のお支払い
  • 業務開始業務開始
  • 予約予約
  • 相談料のお支払い相談料のお支払い
  • 支払い確認→相談開始相談開始
  • 契約ご契約(お見積もり)