自分の想いを反映した離婚協議書を作りましょう!

「離婚する!」と自分が決意するまでには、大変なパワーとエネルギーがいります。こんな夫(または妻)とは、さっさと別れてスッキリしたいと思うでしょう。

ですが、離婚後の新たな生活・人生を少しでも自分が納得する形でスタートするために離婚協議書をそのきっかけとして是非活用してください。

離婚関連

今の時代、離婚協議書はネットで検索すれば、ひな形や例文がたくさんでてきます。
しかし、それをそのまま利用することはお勧めしません。
なぜなら、そのひな型には、自分自身の気持ちが反映されてないからです!

例えば、夫の不貞行為で離婚を決意した場合に、それまでの「腹ただしい思い」「辛い」「悲しい」「情けない」「悔しい」などの自分の気持ちがきちんと表現されていますか? 何よりも今後の人生に納得のいく内容になっていますか?
人生いろいろ、世の中に様々な性格の方がいるように、結婚生活や期間、経済状態なども様々です。そして、離婚に至る原因も人それぞれ違います。

なのに、ネットで検索して出てくる雛形(テンプレート)で簡単に作成してしまっていいのでしょうか。

自分の離婚協議書はしっかり自分自身で納得のいくものにしていきましょう!

協議離婚・財産分与のイメージ
めばえ行政書士事務所

めばえ行政書士事務所は、ご相談者の想いが反映された、その方だけの離婚協議書を作成するお手伝いをいたします。

オンライン相談をはじめ、電話、メールで相談ができ、提出もメールや郵送でできるため、全国対応可能です。遠方の方は、まずはオンライン相談をご利用ください。

離婚の種類

  • 協議離婚:夫婦二人の話し合いにより、夫婦の合意の上で市町村長に離婚届を届け出る離婚
  • 調停離婚:①の協議離婚では話し合いがまとまらないときに、家庭裁判所の調停手続きにより調停を成立させる離婚
  • 審判離婚:②の調停が不成立の場合に、家庭裁判所が調停に変わる審判において確定する離婚
  • 裁判離婚:離婚の訴えにより、離婚をしたいと思っている側が家庭裁判所に提起し、確定判決を得てする離婚

協議離婚の場合は、離婚届を提出して、さっさと縁を切りたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、財産分与、子どもの養育費などのお金の問題、浮気や不倫などの不貞行為が原因で離婚する場合は慰謝料の問題が出てきます。

そのため、協議離婚であっても離婚協議書を作成し、それを公正証書にすることをお勧めします。

当事務所のサポートは、協議離婚における離婚協議書(離婚に関する公正証書)を作成するお手伝いをいたします。

料金表

離婚協議書の作成サポート

業務内容基本料金(税別)
オンライン相談(ZOOM等)※5,000円/45分
離婚協議書(公正証書:離婚給付等に関する契約書)原案作成
公証役場との調整を含む一式(回数無制限)
100,000円
代理人:公証人が可能と判断した場合20,000円/人
  • オンライン相談は事前予約制にて、土日祝日・夜間対応可能です。(全国対応)
  • ご予約いただき、相談料金をお振込み又はカード決済にてお支払いいただいた後に、ご相談となります。
    ただし正式にご依頼いただいたときは、この相談料金は基本料金に充当いたします。

ご相談の流れ

ご来所・訪問の場合オンライン相談
  • お問い合わせお問い合わせ
  • ご相談ご相談
  • お見積もりお見積り
  • 契約契約
  • 着手金のお支払い着手金のお支払い
  • 業務開始業務開始
  • 予約予約
  • 相談料のお支払い相談料のお支払い
  • 支払い確認→相談開始相談開始
  • 契約ご契約(お見積もり)

離婚関連のことなら、
めばえ行政書士事務所に
お任せください!

めばえ行政書士事務所は、ご相談者の想いが反映された、その方だけの離婚協議書を作成するお手伝いをいたします。

おひとりで悩まずに、まずはご相談ください。
女性行政書士が丁寧にそして力強くサポートいたします。

めばえ行政書士法人シンボルマーク